2014/06/19

リアル


【物語】
自殺未遂して昏睡状態の漫画家の恋人を目覚めさせる為、男は特殊な機材を使い恋人の意識に入り込む。男は現実と意識の中を、行き来しながら、恋人の望みである首長竜の絵を探す。

面白かった。
中盤までは、あの黒沢清の独特のゾワゾワ感があり、良い感じの嫌悪感に満ちていた。
でもちょっと長いか。ネタが割れてからがすこし退屈だった。最後の方はたるくてもう早く目覚ませ、という感じになった。