2014/07/06

これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫


 つまらない。笑えない。とにかくつまらない。
  笑える要素は色々用意してある、赤塚不二夫とアシスタントたちの破天荒な行動、赤塚の妄想と現実が入り混じった視点。だが、致命的に寒いので、全く笑えない。悪いのは勿論、赤塚不二夫ではないが。
  何が悪いのか、つまらなすぎて何が悪いのかもわからない。第一は物語がない、無くても赤塚不二夫の妄想と現実が入り混じった世界を上手く描けば、爆笑爆笑大爆笑の映画になったろうが、それにはセンスが必要だ、赤塚不二夫レベルの。だが脚本に君塚良一の名前がある時点で無理な相談だ。