2014/11/29

ポリス・ストーリー レジェンド / 警察故事2013


【物語】※ネタバレあり
 ジョン・ウェン(ジャッキー・チェン)はベテランの腕っこきの刑事だ。だから妻の死に目にも会えなかった。それが原因で一人娘のミャオからは恨まれ関係は最悪だ。


 だがある日、ミャオからあるクラブで会いたいと連絡が入る。ジョンはそのクラブに訪れるとミャオからウーという恋人を紹介される。そのクラブはウーのものだ。ジョンは良い顔をしないが、ミャオはそんなこと気にしない。
 突然、ジョンは殴られる。ウーがジョンを殴ったのだった。
 ジョンが起きるとウーは客を人質にクラブに籠城していた。ウーの要求はただひとつ、ある男を釈放してここに連れてくること。
 その男はある殺人事件でジョンが逮捕した男だった。そして人質の中にその事件の目撃者たちがいた。ジョンはあの殺人事件に関わった人間をクラブに集めるのが目的だと悟り、ウーに関係無いものは釈放しろと言う。
 ウーはジョンが部下のムエタイの達人に勝てば釈放すると言う。ジョンは死闘の末、部下を倒し関係ない人質を釈放させる。
 犯人が到着し、ウーはあの事件の真相を語ることを要求する。そして犯人、目撃者、警察官から
事の真相が語られる。

【点数】60点(百点満点)

【感想】※ネタバレあり
 ライジング・ドラゴンで本格的なアクション映画はもう終わりだと宣言したジャッキー・チェンのアクション映画だ。ジャッキーは嘘をついてはいなかった。勿論本作品はアクション映画だが、今までのジャッキー映画ではない。いわゆる最近の中国のアクション映画だ。
 勿論、ジャッキーがアクションに手を抜いているようなわけではないが、ジャッキー映画定番の大人数を相手に色々な小道具を使ってちょっとコメディっぽく大立ち回りというようなシーンはない。
 その作品の看板となるような目玉の大アクションもない(プロジェクトAの落下シーンみたいなの)。そうやっぱりライジング・ドラゴンが最後だったんだ。
 今回はジャッキー版ダイ・ハードといった感じか。まぁダイ・ハード的シチュエーションはシティ・ハンターでもやったけど。
 まぁ悪くはないけど、凄く面白くもないといった出来栄え。